個性派記者の本音トーク 堀江

【調教注目馬 6/15】栗東トレセンでは関東馬の姿も

個性派記者の本音トーク 堀江
ビッグボス堀江

まいど! ビッグボス堀江でございます。

北海道以外では梅雨に入ったようやけど、栗東トレセンでは幸いにも追い切りの日は大雨が降らず、どの陣営も順調に調整できたようだ。



栗東トレセンでは関東馬の姿もチラホラと……


実は日本ダービー終了と同時に、美浦トレセンでは坂路を閉鎖して改修工事を行っている。

そいでもって、栗東トレセンで関東馬の姿もチラホラ見られるようになったけど、そこまでして坂路を使いたいんやなあ……と感心しとるところや。

関東馬の中で最も多いのが木村厩舎の馬。土日や火曜日は坂路に入れて軽めを乗るというルーティーンをどうしても守りたいようで、この中間も熱心に乗り込まれているようや。

ただ坂路が使えたとしても、住む環境が変化して結果を出せるかどうかは未知数やな。

こちらとしてはライバルの動向を伺うという意味で、この機会に注視させてもらってる。そこで得た情報については、今週や来週の公開情報にて確認してほしい。



ビッグボスの【調教注目馬】



続きを読むにはアカウントが必要です

アカウント登録

アカウントをお持ちの方はログイン

堀江

栗東生まれ栗東育ちの大ベテラン
栗東トレセンのほぼ隣に生まれ、トレセンから流れてくる馬の匂いを日々感じ、目と鼻の先で競走馬と関係者を見て育った大ベテラン記者。予想に魅力を感じ専門紙記者になるも、「サラリーマンとしての記者生活はつまらない。囲み取材では誰も本音を話さない」と独自の取材術を磨き、現在はフリーで栗東を中心に活動中。

長年の経験で得た嗅覚を武器としており、関西事情はこの男に聞いておけば大体分かると言っても過言ではない。周囲からは“ビッグボス”と慕われ、厩舎関係者も管理馬の相談を持ちかけることも日常茶飯事。アナタが普段見ている競走馬のレース選択にもこの男が関わっているかも……?

#堀江の記事を読む