個性派記者の本音トーク 堀江

【競馬裏チャンネル】弟子×師匠の相乗効果で厩舎成績アップ!(週末の注目馬も公開しとるで)

個性派記者の本音トーク 堀江
#

まいど!人呼んで“栗東のビッグボス”こと堀江です。

先週もサイト内でお伝えしとったけど、月・火曜日はトレセンのスタッフさんたちが社員旅行に行っていたんや。金沢競馬場なんかにも行って、一泊二日で楽しんでいたみたいやね。ま、その分だけ休日がズレて今週は追い切りが木曜に集中しているという影響もあるんやけどね。

こんな感じで、何か一つのイベントが起きると、それに付随して他のところにも影響が出るってもの。風が吹けば桶屋が儲かるって言うもんな(笑)。

そういう意味で、たかが社員旅行と思っていたらアカンで。その旅行の場で何かが起こったとか、そういうネタだってあるかもしれへん。日常の情報収集からアンテナを張っておかなアカンっちゅうこっちゃ。

ちょっと真面目な話をしてもうたけれども、情報収集ってのは、ただただ馬の話だけ聞いとけばっていいってわけやないからね。今週もおもろい騎手ネタや、そこから派生した厩舎のネタが入っとるから、まずはそちらからご紹介していきましょか。

【今週の競馬裏チャンネル】
弟子×師匠の相乗効果で成績アップ!

可愛らしい純朴なルックスが話題になったこともある田口貫太騎手。両親ともに地方競馬の騎手出身ということもあり、小さい頃から馬が身近にあったことも良かったのか、デビュー後も順調に勝ち星を増やしている。

先週も穴を出して勝ち中央では22勝でしょ。ケガなどせずにこのまま行けば30勝は楽に超えてくるでしょう。カンタが好調ということもあって、大橋厩舎は久しぶりに20勝を超えて21勝。こりゃ相乗効果が出ているのは明らかだよな~。

#

実際、9月18日の開催で阪神に出走した大橋厩舎の馬は、5鞍全てが田口騎手だった。2場開催ということもあり、結果を出している田口騎手でも9月は騎乗馬が減りがち。このタイミングで師匠が全部の馬を任せて、しかも田口騎手は1勝、2着3回、4着1回と全て掲示板に載せた。

厩舎としても、優先出走権を得る馬が増えてくれば管理馬のローテーションも決めやすくなる。これだけ結果を残してくれるのだから、師匠としても乗せやすくなっただろう。

その大橋厩舎は社台グループの馬がいない厩舎。それもあって所属騎手を乗せやすいという側面もあるのは確かだが、田口騎手が結果で応えているからこそ、起用できる面があるのも事実だ。

今年は21勝してるけど、その内カンタが乗ったはレースで8勝だからね。平場で乗せられるレースは徹底的に任せている状況。ただ、これだけ乗れてるからカンタは他の厩舎からの人気も高まっているから、そこら辺は痛し痒しかも。

まあ、師匠としてみれば他の厩舎の馬にも乗って成績を伸ばして欲しい気持ちはあるだろうけど、面倒を見てきているし、あれだけしっかり乗れる騎手なら、積極的に使いたいはずだよね。

#

以前にもご紹介したことがあったが、田口騎手は未だに1番人気馬での複勝率が100%をキープしている(7-4-1-0)。人気馬で結果を残しているのは非常に大きなアピールポイントだ。

弟子を抱えると、面倒をみる(乗せる)のは大変だと聞くが、このようにWIN―WINの関係が築けそうな場合もある。減量が取れた後でも非社台系の厩舎なら比較的乗せやすいだろう。このまま順調なら大橋厩舎、田口騎手ともに、まだまだ活躍するのではないだろうか。

【ビッグボスの情報注目馬】
この厩舎ならもう一つ上積みがあるんやないかな


続きを読むにはアカウントが必要です

アカウント登録

アカウントをお持ちの方はログイン

堀江

栗東生まれ栗東育ちの大ベテラン
栗東トレセンのほぼ隣に生まれ、トレセンから流れてくる馬の匂いを日々感じ、目と鼻の先で競走馬と関係者を見て育った大ベテラン記者。予想に魅力を感じ専門紙記者になるも、「サラリーマンとしての記者生活はつまらない。囲み取材では誰も本音を話さない」と独自の取材術を磨き、現在はフリーで栗東を中心に活動中。

長年の経験で得た嗅覚を武器としており、関西事情はこの男に聞いておけば大体分かると言っても過言ではない。周囲からは“ビッグボス”と慕われ、厩舎関係者も管理馬の相談を持ちかけることも日常茶飯事。アナタが普段見ている競走馬のレース選択にもこの男が関わっているかも……?

#堀江の記事を読む