個性派記者の本音トーク 堀江

【調教注目馬 11/09】温かい気持ちで見送りたい

個性派記者の本音トーク 堀江
ビッグボス堀江

まいど! ビッグボス堀江や。

今週から年末まで毎週G1が行われるが、例のごとく外国人騎手が増えてきたね……美浦だけど。

栗東ではルメールが追い切りに乗っていたが、跨がっているのは関東馬。まあ、いつも通りってことやけど、こっちでは関西馬はもちろん、栗東滞在の関東馬の様子もシッカリ見てまっせ!


温かい気持ちで見送りたい

ブリーダーズカップが終了して、馬も人も戻って賑やかになってきたな。

これから外国人騎手も増えるけど、栗東では障害ジョッキーが減って古い方のスタンド内で将棋を指す姿もあまり見てない気がするなあ。

今週は熊沢騎手の引退式が行われて寂しいところもあるけど、これまで障害でも平地でも競馬を盛り上げてくれた人なので、温かい気持ちで見送りたいな。


ビッグボスの【調教注目馬】



続きを読むにはアカウントが必要です

アカウント登録

アカウントをお持ちの方はログイン

堀江

栗東生まれ栗東育ちの大ベテラン
栗東トレセンのほぼ隣に生まれ、トレセンから流れてくる馬の匂いを日々感じ、目と鼻の先で競走馬と関係者を見て育った大ベテラン記者。予想に魅力を感じ専門紙記者になるも、「サラリーマンとしての記者生活はつまらない。囲み取材では誰も本音を話さない」と独自の取材術を磨き、現在はフリーで栗東を中心に活動中。

長年の経験で得た嗅覚を武器としており、関西事情はこの男に聞いておけば大体分かると言っても過言ではない。周囲からは“ビッグボス”と慕われ、厩舎関係者も管理馬の相談を持ちかけることも日常茶飯事。アナタが普段見ている競走馬のレース選択にもこの男が関わっているかも……?

#堀江の記事を読む