個性派記者の本音トーク 堀江

【調教注目馬 2/8】京都、東京も残り2週や

個性派記者の本音トーク 堀江
ビッグボス堀江

まいど! ビッグボス堀江や。

京都、東京も残り2週や

今週の栗東トレセンは月曜と火曜に雨が降った影響で重馬場となったが、水曜の追い切り時は晴れていたので特に走りにくい感じでもなく、どの陣営も淡々と調整できたようやな。

そいでもってサウジカップの馬券発売が発表されたけど、今年も円安効果が大きいようで、サウジカップの1着賞金を円換算で昨年と比較すると1億円くらい増加していることになるな。

G3のサウジダービーでさえ1着賞金が90万ドルやから、勝てば1億円以上を手にすることになる。

1着賞金1000万ドルのサウジカップばかり注目されそうやが、サウジではグレードを問わず全レースが高額賞金。国内の調整も最終局面に入るところやが、どの馬も無事に出走してほしいな。

もちろん国内でも、京都、東京開催で結果を出したい馬が気合いを入れて調整しているところや。中でも1勝クラスは、3歳馬が不在である今の時期が最も手薄なメンバーになりやすい。それだけに一部の陣営は、メンバー構成を吟味して馬にも最高の仕上げを施しているところ。

そういった京都、東京開催に懸けている勝負話はもちろん、引退に関するヤリ話も入手しとるので、残り2週となった京都、東京の情報に注目してほしい。


ビッグボスの【調教注目馬】



続きを読むにはアカウントが必要です

アカウント登録

アカウントをお持ちの方はログイン

堀江

栗東生まれ栗東育ちの大ベテラン
栗東トレセンのほぼ隣に生まれ、トレセンから流れてくる馬の匂いを日々感じ、目と鼻の先で競走馬と関係者を見て育った大ベテラン記者。予想に魅力を感じ専門紙記者になるも、「サラリーマンとしての記者生活はつまらない。囲み取材では誰も本音を話さない」と独自の取材術を磨き、現在はフリーで栗東を中心に活動中。

長年の経験で得た嗅覚を武器としており、関西事情はこの男に聞いておけば大体分かると言っても過言ではない。周囲からは“ビッグボス”と慕われ、厩舎関係者も管理馬の相談を持ちかけることも日常茶飯事。アナタが普段見ている競走馬のレース選択にもこの男が関わっているかも……?

#堀江の記事を読む