個性派記者の本音トーク 加藤

【新人デビュー】騎手情報班ですが、次週の新人調教師案件も興味津々です

個性派記者の本音トーク 加藤
#

いよいよだね!

ども、加藤です。早いもので明日からは3月がスタートですなー。

3月ということで、今週末の競馬では新人騎手がデビュー。今年はカレンダーの関係で新人調教師は次週からのデビューになるんだけど、いずれにしても新人がデビューしていく季節が始まったというわけですわ。

改めて今年デビューの新人をまとめると、こんな感じ。

#

個人的に今週デビューのジョッキーで気になるのは、吉村誠之助かな。所属厩舎の方針も合って最初はエージェントをつけないって話だけど、何せ彼の父親は地方全国リーディングの吉村智洋だからね。

馬主さんの間でも「吉村の息子だから」と馬を回している人が居るぐらいなので、現場でも注目されているジョッキーなのは間違いないね。

関西デビューの新人騎手に関しては、水曜の【競馬裏チャンネル】でもピックアップしているので、そちらをご覧くださいな。

さて、ここからが本編というか、予告というか。お伝えしたかった部分になります。

次週から新人調教師たちがデビューする。中でも今年は福永祐一という世間やマスコミから注目の的となるビッグネームが存在して、きっと来週は週中の段階から、どこもかしこも福永フィーバーって感じになるだろうね。

これからは調教師としてデビューするわけだけど、ユーイチは元々ジョッキーだったからね。騎手情報班のオレも含め、福永厩舎情報をしっかりと聞き集められるだけの、万全の態勢を整えている。


当然、それで終わりじゃない。関西では他にも4人の調教師がデビューするんだけど、ユーイチ以外の新人調教師に関しても、CHECKMATE独自の情報ルートをしっかりと確立しているんだ。

中には「●●厩舎の話なら任せてくださいよ。昔から仲が良い人だから、トモダチが調教師になったみたいなもんなんで!」って心強いことを言ってくれている情報班も居るんです。

調教師ってのはいきなり調教師になる訳じゃないからね。ほとんどの人たちが厩務員や調教助手、もしくは騎手として競馬サークル内に属しているから、調教師免許を取得する前から親交が深いというパターンも全く珍しくない。

今週末は引退調教師の周囲にある勝負情報が重要になってくるタイミングだけど、来週以降もマジで面白い話が揃っているんで、楽しみにしていてください!

加藤

関西ジョッキーは「だいたい友達」
幼少期に競馬場で武豊を生で見てジョッキーを志し「圧倒的に勝ちまくるユタカとアンパンマンが幼少期のヒーローだった」(本人談)。残念ながら競馬学校入学の規定に合わず夢を断念するも、同じ世界で働きたい一心で業界に飛び込んだ。「最後に馬券を託すのは騎手。騎手なくして馬券は買えない」が座右の銘で、関西ジョッキーはだいたい友達を公言し、騎手エージェント事情にも深く精通している。

騎手を志しただけあって騎乗技術にはとてもうるさく、ほとんどの騎手のクセを手の内に収めている。横山武史、坂井瑠星など、サイト内でブレイクを予告した若手騎手が軒並み大活躍中。

#加藤の記事を読む