個性派記者の本音トーク 佐山

近付く夏の足音、先週の府中でもそんな夏の気配を感じる出来事がありました(土曜の買い目もアリ)

個性派記者の本音トーク 佐山
佐山

どうも、美浦の佐山です。

この週中は寒く感じる日もあり、外で情報収集をするにあたって服装を悩まされることもあったぐらい。寒暖差が激しく体調を崩している関係者も居たな。

ただ、一歩ずつ夏が近づいていることは間違いない。これから先はまた気温が上がって行くだろうし、もう函館競馬場への入厩開始も目前まで迫っている。まだオークスもダービーも終わっていないだけに気が早いと言われるかもしれないが、すぐそこまで夏競馬が近づいているんだよ。

そういえば、先週の日曜は東京競馬場へと足を運んでいたんだが、天気も良くてなかなか夏みたいな気候になっていたな。関係者と落ち合う前、暇つぶしで場内をうろつく時間もあったんだが、ソフトクリームを売っている売店なんかは大変な行列になっていた。


実際、東京のダート戦を走った馬の中には暑さにやられてしまった馬が居るという。「パニック状態でガムシャラに走っちゃって、ゴールした後に熱中症で倒れちゃった馬が居た。馬運車で運んでなんとかなったけど、どうしてもこれから先は暑さが堪える馬が多くなるだろうね……」と、関係者から聞いたよ。

時には「どう見ても夏バテしてるんだけど、使えるレースがないから無理やり走らせちゃいます」みたいな、表には出てこないオフレコ話も出てきたりする。

こういう競馬新聞などの一般マスコミが採り上げない話こそ、馬券勝負の肝になる部分。夏に向けてその重要度が増していく時期になっていくので、我々の情報には是非今後も注目してくれよな。



佐山の推奨レース

※推奨レースはシルバーランク以上(有料会員情報にご参加の方)の会員様のみご覧になれます。

続きを読むにはアカウントが必要です

アカウント登録

アカウントをお持ちの方はログイン

佐山

栗東から美浦へ…ライバル陣営の情報は任せろ
ビッグボス堀江を師と仰ぎ、かつては同じく記者として栗東で活動していたベテラン。栗東を出たことのない根っから地元民だったが、ある時に関東情報の収集のため美浦に派遣されたことをキッカケに、今では『ライバル陣営』にあたる関東圏の勝負情報を一手に引き受けるリーダー的存在となった。

本人曰く『向こうの水が合っていた』とのことだが、実際は“遊び”の環境が揃う関東圏の生活が楽しくて仕方がないらしい。しかし、仕事には一途であり、その“遊び”も含めて関係者からの本音を引き出す技術は一級品である。

#佐山の記事を読む