個性派記者の本音トーク 山川

宝塚記念 2023予想 イクイノックスより“4倍”の好走パターンあり!!

個性派記者の本音トーク 山川
#

関西情報社CHECKMATEで重賞情報を担当する『山川』だ。元気にしてるか!

今週は春のグランプリ・宝塚記念だ!

暮れの有馬記念と同様にファン投票で出走馬の決まるレース。実績ある古馬はもちろんのこと、クラシックを戦え終えた3歳馬なんかも加わってきて豪華なメンバーになりがちだな。

過去にはディープインパクトオルフェーヴルといった三冠馬はもちろんのこと、近年はゴールドシップ、リスグラシュー、クロノジェネシスといった実力馬が勝利を挙げている。その一方で波乱も起きがちなレースで、ここ10年で4回も3連単は10万馬券だ。

またここ3年は人気を集めている馬が勝利しているが、馬連は2000円以上、3連単は軒並み万馬券と一筋縄ではいかないところもある。

今年人気を集めるのは昨年の年度代表馬・イクイノックス(牡4・木村厩舎)だろう。ファン投票では過去最多得票での1位。昨年の有馬記念も制しているだけに、グランプリ連覇がかかる一戦だ。

ただ……今回のイクイノックスには気になる材料も少なくはないというもの。本当にイクイノックスから馬券を買っていいのか、今回もレース前日まで予想に役立つ情報を随時更新していくので、お見逃しのないように!

馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 ライラック 牝4 56.0 Mデム 相沢
2 カラテ 牡7 58.0 菅原明 辻野
3 ダノンザキッド 牡5 58.0 北村友 安田隆
4 ボッケリーニ 牡7 58.0 浜中 池江寿
5 イクイノックス 牡4 58.0 ルメール 木村
6 スルーセブンシーズ 牝5 56.0 池添 尾関
7 プラダリア 牡4 58.0 菱田 池添学
8 ヴェラアズール 牡6 58.0 松山 渡辺
9 ジャスティンパレス 牡4 58.0 鮫島駿 杉山晴
10 ディープボンド 牡6 58.0 和田竜 大久龍
11 ジェラルディーナ 牝5 56.0 武豊 斉藤崇
12 アスクビクターモア 牡4 58.0 横山武 田村
13 ジオグリフ 牡4 58.0 岩田望 木村
14 ブレークアップ 牡5 58.0 川田 吉岡
15 ユニコーンライオン 牡7 58.0 坂井瑠 矢作
16 モズベッロ 牡7 58.0 角田河 森田
17 ドゥラエレーデ 牡3 53.0 池添学

イクイノックスより
“4倍”の好走パターンが!?

イクイノックス

ファン投票で最多得票を集めたイクイノックス

宝塚記念で1番人気になるのはイクイノックスだろう。これまでに一度も3着以内に敗れたことがなく、現在は天皇賞・秋→有馬記念→ドバイシーマクラシックとG1を3連勝中

東京の広いコースでの脚比べも、器用さを問われる小回りの中山コースでも問題なく力を出し切れる上に、なおかつ前走のドバイでは逃げる競馬で勝利を挙げている。国内では基本的に末を活かす競馬がスタイルだっただけに、ここに来て競馬の幅も広がっている。

ここまでだと今回も普通に勝ち負けになりそうだが……、ちょっと気になる材料がある。まず、そもそもこの馬は関東馬。宝塚記念では関東馬の好走例が関西に比べて明確に少ない。

宝塚記念(過去10年)
[関東馬]
1着:3頭
2着:3頭
3着:0頭
合計:6頭……

[関西馬]
1着:7頭
2着:6頭
3着:10頭
合計:23頭!!

このように、約4倍も関西馬の方が好走しているんだ。3着馬に至っては10年全てが関西馬なんだよな。

過去10年の傾向だけを踏まえると、関東馬イクイノックスを買うぐらいなら、4倍走っている関西馬の方が好走確率が見込める!とも言えるようなデータ。やっぱりこの気温の上がりがちな梅雨時に、関東から長距離輸送をしてレースに臨むのは大変なのだろう。

ちなみに管理している木村厩舎は、関東圏の重賞19勝に対して関西圏の重賞はたったの2勝だ。関西圏のレースで積極的に関東馬を買う必要なんてない……そう思えないか?


ただし、今年のイクイノックスは対策を打ってきたな。この中間は栗東滞在で調整を行っている。圧倒的に関西馬の方が好走しているレースとあって、直前に輸送の必要ない調整過程で臨む。

とはいえ、だぞ。普段はノーザンファーム天栄→美浦トレセンというパターンで調整している馬が、いきなり一か月も栗東という知らない環境で滞在してレースに使うなんて、あまりにも付け焼き刃の選択だとは思わないかね。

この辺りは現場の様子や実際の関係者の声も踏まえて判断すべきだろうな。俺もレース直前までしっかり情報収集をしていくので、続報をお待ちください。

イクイノックスではなく
絶好枠を引いた馬に注目

宝塚記念の枠順が発表されたな!イクイノックスは内目の3枠5番。うーん、特にメリットもない枠に見える。

だってこの宝塚記念って、外枠に入らないと勝てないレースでな。過去10年で8枠の馬が7勝もしている非常に偏りの大きいレースなんだよ。


……というデータは割とどこでも扱っているかと思うので、一点補足したい。なんで宝塚記念が8枠有利かというと、これは『梅雨時6月開催での4週目』という開催日程が大きく影響している。

今年も雨が多かったように、この時期は道悪での競馬が多くなる。馬場が荒れやすくなってどうしても内目が走りづらくなってしまうというのが毎年恒例なんだよな。

一方で、昨年と一昨年に関しては変則日程の関係で宝塚記念が開催2週目の施行だった。つまり、平時よりも馬場があまり荒れていなかったんだよな。それもあって、割と一桁馬番の馬も好走していた。

じゃあ、過去10年のデータから2週目開催だった昨年・一昨年のデータを除くとどうなるかというと……

宝塚記念(13年~20年)
1枠 0- 1- 2- 9/12
2枠 1- 1- 1- 9/12
3枠 0- 1- 1-10/12
4枠 0- 1- 0-11/12
5枠 0- 2- 0-12/14
6枠 0- 0- 1-15/16
7枠 0- 2- 1-14/17
8枠 7- 0- 2- 9/18


8年中7年で8枠の勝利!

“ヤバイ”よな。ここまで枠順に偏りのあるG1レースってなかなかないんじゃないか?しかも偶然ではなく、ある程度しっかりした理由があっての傾向なのだから、それもまた珍しい話。

こんなデータを見てしまうと、人気になる上に内枠のイクイノックスから馬券を買う必要なくないか?と思うよな。

では、最後に絶好の外枠を引いた中でも、特に関係者のトーンが高かった馬をご紹介!

⑮ユニコーンライオン
「文句なし!」と関係者も破顔一笑!

ユニコーンライオンは運がいいよ。開催4日目で内有利だった21年宝塚記念では1枠1番をゲット。迷いなくハナに行ってしぶとく2着に粘り込んだ。

対して開催8日目の今年は外枠をゲット。こと宝塚記念に関して言えば、その時々の状況によって絶好の枠を得ている。こういうレース相性の良さもあるのだから競馬は面白いな。

枠順確定後に関係者を直撃したが、まあ上機嫌で喋ってくれたね。

とにかく持ち味を活かし切るには積極的な競馬をするしかない。それだけに、外目から揉まれず行き切れそうな外枠ってのはこの馬にはベストでしょ。実はこの馬、8枠引いたのが2年ぶりでさ。久々にイイ枠もらえただけにテンション上がっちゃうよね。

あとは乗り慣れている瑠星が思い切って乗ってくれるのを期待。ウチの厩舎はパンサラッサが故障しちゃったし、似たような個性のこの馬にも頑張ってもらいたいね。

#

ってな感じ。個人的には元々このレースで注目していた一頭だったんだが、枠順が決まったことで更に興味が湧いてきた。レース前までもう少し力を入れて情報収集してみようと思うよ。

【6/24(土)公開!】
新聞には載らない関係者情報を公開!

#

最後に直前情報のチェックだ。CHECKMATEが日々入手している関西関係者とのパイプから、スポーツ紙や専門紙では公開されないような裏ネタや関係者の感触、さらには独自の分析を元に、有力馬を中心にお送りしていく。ぜひ馬券に役立ててくれ!

③ダノンザキッド
(安田隆/北村友)

大阪杯では3万1240円的中に貢献の3着好走。馬場のいいところを通ってきたり、恵まれた部分もあったものの、何が良かったのか一言で言えば阪神でのレースってのが良かったんだろう。輸送するとテンパっちゃう気性の持ち主で、地元でのレースの方が走れるタイプ。そういう意味で今回は阪神でのレースってのはプラスだろう。

今回のポイントはなんと言っても距離だろう。上がりのかかる競馬ではパフォーマンスを落としているように、基本的にはスピードを活かした方がいいタイプの馬だ。「内目の良い枠はもらえたので、あとは上手いこと距離を誤魔化したいね」とは関係者の話。上手く立ち回れるかどうかがカギ。

⑧ヴェラアズール
(渡辺/松山)

これは久々にイイ雰囲気なんじゃねえか?去年は3連勝で鮮やかにジャパンCを制したが、返す刀で臨んだ有馬記念の際には完全にトーンが下がっていて「このタイミングで乗らなければいけないなんて、弘平ちゃん貧乏くじだね」なんて声も現場では出ていたんだわ

#

申し訳ないが、全員にお伝えできるのはココまで。その他の有力関西馬についてはCHECKMATEにアカウント登録(無料)をしてぜひチェックしてほしい。

各馬の関係者情報をコッソリと公開しているので、是非この先も読んでみてくれ!


そしてレース当日には
本当に買うべき3頭を公開するぞ!

「イクイノックスから買っとけば安定」

と思っている方が多いとは思うが、本当にそれで大きな利益を得られると思うか?、

断然人気が濃厚の馬ながら、実は意外と死角も多い今回の宝塚記念。当てに行きたいなら止めないが、オレたちは栗東から「今回が絶好の穴になりそう!」という存在を入手している。コレを知らずに宝塚記念の馬券を買うのは非常にもったいないぞ!

#

知っているか?競馬界は圧倒的に『西高東低』だ。
中長期的に馬券で勝っていきたいなら、主軸に据えるのは関西馬であった方が間違いない。でも、ただ関西馬だから全部買えば良いということではない。だからこそ、オレたちCHECKMATEは栗東を拠点に、他では入手できないような関西陣営の本音をお届けすることを武器としているんだ。


先週のユニコーンSでは穴の一頭としてレース当日に有力情報をお伝えしたサンライズジークが7番人気2着と好走。こんな情報を公開していたんだ。


【先週公開していた穴馬情報】
爆穴関西馬
⑦サンライズジーク

関西勢の中で穴馬として面白いのが⑦サンライズジークだ。東京コースで2戦2勝という実績はもちろんのこと、今回は能力発揮のために馬装を変更するという裏事情がある。

「どうしても乗り難しいところがあるから、今回はそれを改善させるためにハミを特殊なものに変える。これで口向きが良くなれば、重賞でも十分に通用するだけの器だと思うんだ」と厩舎サイドは色気ありあり。


このサンライズジークのように、宝塚記念でも、ココではまだ紹介できない穴馬も含め「本当に買うべき関西馬」が馬券の鍵となることは間違いないだろう。ぜひ、当日見ていただいて、予想の参考にしてくれよ!


#

宝塚記念の本当に買うべき3頭はレース当日に無料公開するぞ!

◎本命馬から、不動の○対抗馬、そして絡めば高配当が期待できる大穴馬までコッソリお教えするからな。春のグランプリは一緒に獲って喜びを分かち合おう!

#

重賞に関する情報だけではなく、その他の勝負情報もぜひ注目してみてくれ。今年の夏競馬はオレたちと勝ち抜こうぜ!


山川レオ

重賞・GIはオレに任せろ
情報も分析もイケる二刀流

1週間で72(48)レースある中でも、特に重賞・GIレースに特化した情報収集・精査を得意とする情報網。常々「勝てるレースしか勝負しない」と公言しており、独自の情報ネットワークに加え、ラップ解析を中心とした徹底的なレース分析から的中馬券を量産している。

なお、「勝てるレースしか勝負しない」という姿勢は、競馬に加え他の公営ギャンブル、株、FXなどの投資から身に着けたという。

#山川レオの記事を読む