最強の関西馬情報 CHECK MATE

スペシャルコンテンツ

日曜更新(13時頃)

  • これを読まずに馬券は買えない! 重賞レーススペシャル分析

  • ゴールデントーク スペシャルレポート
  • 無料会員登録

当日指定情報

関係者特別情報

推薦レース

攻略1点集中レース

穴の厳選1鞍

注目馬情報

GI・重賞レース

前日情報

ゴールデントーク

  • 関西騎手に絶大な影響力 加藤
  • 栗東トレセンご意見番 堀江
  • 関西馬主界の事情通 大坪
  • 関東情報網を束ねる重鎮 佐山
  • 投資馬券コンサルタント 村川
  • 外厩事情に精通した 黒木
  • クラブ情報の専門家 赤崎
    ※不定期更新※
  •  

平日情報

水曜更新

  • 競馬裏チャンネル

木曜更新

  • カネになる栗東キング調教馬

前日・当日買い目コンテンツ

土・日曜更新

  • 本日のタネ銭レース

金・土曜更新

  • 午前のワンコイン投資プラン

的中速報

2021年(1月~)的中 ※情報元への配慮もあり、全ての的中を記載しているわけではございません

2/21(日)阪神2R 3歳未勝利 ダ1800m 10:25
⑫ヴォワドアンジェ 中竹/三浦
馬連 4050円的中 3連複 1万6850円的中
ブッちぎると宣言した通りに圧巻の快勝!
「もう2着はいらない」「絶対に負けられない」と強気の姿勢で臨む⑫ヴォワドアンジェが本命。

ここまで3戦続けて3着。いずれも勝負話を入手して、CHECKMATEでも推奨してきたが、今回はこれまで以上とも思える状況。

というのも、持ち時計はもちろんのこと、行きっぷりの良さ、終いのキレ味などあらやゆる面でメンバートップクラスの走りを見せており、一部では「ヴォワドアンジェが出るならやめよう」という他陣営の声が上がるほど。

いわば、⑫ヴォワドアンジェのために用意された舞台と言っても過言ではないのだ。

その背景にはやはり大物馬主【前田幸治】氏の存在が大きい。この⑫ヴォワドアンジェは前田氏が代表を務めるノースヒルズの所有馬としてデビューしたが、2戦目から個人名義に変更

これには前田氏が"活躍する"と見ている証であり、過去の例で言えばワンアンドオンリーやトランセンドも同様にデビュー後に名義変更されている。

厩舎サイドもその期待は重々承知しており、「このままではマズイ」と感じていることは言うまでもない。なんとしても決めたい陣営はオーナーが可愛がっている三浦騎手にスイッチ。

鞍上サイドも「勝つために呼ばれた」ことは理解しており渾身騎乗で応えるはず。情報的に「負けようがない」とも言え、後続をブッちぎるシーンもありそうだ。
2/20(土)小倉10R 八幡特別 芝1200m 14:50
⑦ディヴィナシオン 森/勝浦
馬連 580円的中 3連複 6110円的中 3連単 2万4560円的中
小倉遠征で力が入っている関係者の勝負話を入手!
ローカル開催の特徴といえば、関西のジョッキーが関東馬に乗ることやその逆も然り、普段見られないコンビでレースへ臨むケースがあるということ。

その裏には"そのタイミングを狙った"ヤリ話も当然あるのだが、試しに乗せてみたところ「手が合っている」と、関係者が好感触を掴むケースも存在する。

前走で勝浦騎手が騎乗した⑦ディヴィナシオン。継続騎乗の裏には関係者が「レースの内容自体は荒かったが、それでも馬の能力をうまく引き出してくれた」と評価している。

その前走はスタートで出遅れるアクシデント。逃げ馬が勝利する展開でも最後方から鋭く脚を伸ばして2着に食い込んだ。関係者は「スタートが痛かったね。課題はあるにしても、1度騎乗したことで馬への理解は大幅に深まったはずだし、今回は決めてくれると思うよ」と、期待している様子。

馬自体も小回りを得意とする器用さがあり、「スムーズな競馬が出来ればブッちぎるまである」と関係者。

中間の坂路では森厩舎らしいスピード感のある調教を消化しており、絶好調の雰囲気を感じさせているだけに、ここは関係者の期待通り2勝目を掴むはずだ。

対抗は②ガリレイを指名する。

前走は去勢明けで体重も大幅に減少。関係者は「使いながら去勢の効果が出るはず」と、徐々にエンジンがかかると見ている。

今回は中3週で臨むが、「思った以上に一度使った効果が見られる。調教での動きも素軽くなったし、良い意味で前向きさがある。流れに乗ればココで結果を出しても不思議じゃないよ」と、前走以上の雰囲気だけに、激走のシーンは頭に入れておきたい。
2/20(土)小倉9R 4歳上1勝クラス ダ1700m 14:15
⑧ソプラドール 安田隆/横山和
馬連 1130円的中 3連複 3980円的中 3連単 1万5960円的中
勝負の乗り替わり情報をキャッチ!狙い定めて万券的中!
「もう負けられない」と、関係者が強気の⑧ソプラドールを狙う。

ここ3戦は人気を裏切る形が続いており、一般ファンの間で「このクラスは厳しいのかも」と不安視する声が出ているようだが、関係者の話では、「前走はスタートが全て。展開面を考えても一番強い競馬をしているし、勿体ないレースになってしまった」と、不完全燃焼に終わったことを強調。

本来であれば、行きっぷり良くポジションが取れるタイプ。前走は逃げ馬が勝利する中で、長く良い脚を使って後方から追い込み、3着に好走しているのだから、地力が高いのは明らか。

もう後がないつもりで臨む陣営だが、「中3週だけど、しっかりと追って前走以上に状態は仕上がった」と、中間の調教からも強い意気込みを感じさせている。最終追い切りの坂路ではラスト2ハロン24.9-12.4秒と最後まで集中力の高い走りを見せており、絶好調と言えるだろう。

「欲しいのは勝利だけ」と、陣営は横山和騎手を指名。横山和騎手は今年の小倉で騎乗機会4連勝を果たすなど、今一番脂が乗っている騎手と言っても過言ではない存在。小倉リーディングトップも視野に入っており、1戦1戦が重要となる状況。勝ち星を増やす絶好機のここは渾身騎乗を見せるはず。

厩舎サイドや騎手サイドなどあらゆるところから力の入った話があることから、ここは勝ち負けと見て良いだろう。

2/20(土)阪神5R 3歳未勝利 芝2400m 12:20
②レッドカムイ 松永幹/田辺
馬連 1660円的中 3連単 1万6100円的中
勝負のタイミングを見極め万券的中!
2週前に芝の新馬戦が終了。そのため芝を使いたい未出走馬は、未勝利戦で経験馬を相手にすることになる。

この②レッドカムイは、球節の不安などで北海道での調整が遅れてしまったが、『山元トレセン』に移動してからグングン良化し、坂路で1ハロン13秒台の時計を出していたほど。

年明けに栗東トレセンへ移動してからもゲート試験を楽々と合格。脚元に不安を抱えていることもあり、無理に新馬の時期にデビューさせるのではなく、ここまで十分すぎるほど乗り込んで万全の態勢でデビューする。

「大型馬で良くなる余地はありますが、追い切りを重ねる毎に動きは良化しています。素質も高いと思うので、勝ち負けを期待しています」と、陣営も勝負になると見ている。

除外の不安がある新馬戦ではなく、確実に出走できるここを目標としていただけに、アッサリ勝ち上がってもいいだろう。

2/20(土)小倉3R 3歳未勝利 ダ1700m 10:50
⑩トーホウスザク 谷/菱田
馬連 930円的中 3連複 2670円的中 3連単 1万4670円的中
馬主絡みからトーホウジャッカル産駒の初勝利を仕留めた!
ここで本命は⑩トーホウスザクや。オーナーは中京馬主協会【東豊物産】やな。

管理する谷厩舎と東豊物産といえば、トーホウジャッカルが思い出されるよな。だから谷厩舎にとっても大切な"お客様”のひとりや。

前走は「オーナーの前で初勝利を」と、意気込んで臨んだけど、結果は4着。関係者は「積極的に運んで良いレースが出来たけど…」と言葉少なめやった。

よほどオーナーの地元で勝ちたかったんやろうな。でも、その分、今回に懸ける想いは強いみたいや。

「一度使って雰囲気はグンと良くなってきました。何よりもこの子は(トーホウ)ジャッカルの子ですからね。この馬で産駒の初勝利を決めたいと思っていますし、今回はそれだけの状態にあります」と、力強く語っていたで。

木曜公開に【キング調教馬】でもピックアップされとったように、中間の動きは抜群や。これは注目の存在やで。
2/14(日)東京11R 共同通信杯 芝1800m 15:45
⑪シャフリヤール 藤原英/福永
3連複 1万0520円的中
重賞でも関西馬情報は強力!
トレセン関係者の間で「ココ最近では一番の豪華メンバー」とも称される今年の共同通信杯。牡馬・牝馬ともに、この先のクラシック戦線を賑わす素質馬が揃い踏みしているが、その中でも最上位に推したいのが⑪シャフリヤール

ズバリ鞍上の福永騎手が「この馬で日本ダービーへ行きたい」とまで話すほど惚れ込んでいる馬だ。

当然ながら関係者の期待も大きく「相手は強くなるけど、そんな事を言ってたらこの先どうこう言えないからね。ココもキッチリと結果を出すよ」と自信満々で臨んでいる。

振り返ればデビュー戦は時計の掛かる荒れ馬場を内にモタれながらの勝利。素質の片鱗を見せた一方で、子供っぽさも見せていたが、その後は無理せずココを目標に調整。「初戦と比べると心身ともに格段に成長している」といった声も飛びしている今回。先々へ向けても夢が膨らむ圧巻のパフォーマンスを期待せずにはいられない。

2/13(土)小倉10R 鹿戸特別 芝1800m 14:50
⑤ワールドスケール 野中/小崎
馬連 1720円的中 3連複 1万7100円的中
10番人気穴馬の激走情報を入手!
今週から阪神開催がスタート。ここを目標に勝負の仕上げを施している馬がスタンバイしている。

マスコミにとっても今年初めての阪神開催ということでスポットを当てているが、それ以外にも引退する調教師や騎手の話題、サウジアラビアへ遠征する日本馬の話題など、普段よりも取材する箇所が多い。

そのため手が届かないところが出てきても仕方がないところ。そのひとつが小倉開催。マスコミ関係者から「少人数で回しているから、コメントひとつ取るにも骨を折る仕事だよ」との声も上がっている。

そんな中「ココを使うのは予定通り。勝つために小倉へ行くよ」と、力強い話がある⑤ワールドスケールを狙う。

実はこの馬もマスコミの手が届かなかった1頭。というのも、今回騎乗する小崎騎手。戦歴から見ても"乗るのは当然"と思えるかもしれないが、想定表(水曜に誰がどの馬に乗るかをまとめた一覧表)では別の馬への騎乗が記されていたところもあったようだ。

いわば、マスコミが混乱している証。関係者に聞けば「最初から乗る予定だったよ」と、涼しい顔で話している。

このことからも情報の質が違うことはお分かり頂けると思うが、さらに「レースを使いながら競馬が段々上手になってきた。器用に走れるようになったし、何よりもう負けは許されないからね」とのこと。要するに"勝つために小倉へ行く"という構えにある。

実際、初勝利を上げた阪神が今週から開幕しているにも関わらず、小倉へ遠征していることからも、勝負度合いの高さを感じる。

至るところから「星勘定している」という話が聞こえてくることから勝ち負けと見て良いだろう。

そして対抗は②アルマフォルト。新聞はホボ無印で明らかに軽視された1頭だが、「一発あるよ」と、関係者は色気たっぷり。

昇級してからの2戦はいずれも大敗していることから、新聞の低評価もやむ無しと思えるが、関係者は「クラスが上がってペースに慣れる必要があった。終いの脚を活かす競馬を試したみたけど、もう少し積極的に運んだ方が良さそうだね」とのこと。

要するに競馬の幅を広げるために、"試して"いた部分もあったということ。逆に言えば「この2戦でこの馬のベストを出せる競馬を掴んだ」ということ。

関係者は、「今回は(藤岡)康太が乗るけど、ペースの判断に長けた騎手。道中で動く競馬は得意だし、臨機応変に対応出来るのも心強い」とのこと。

一般ファンであれば、テン乗りを不安視するかもしれないが、関係者の話では"綿密な策"があってのこと。馬券的にも"熟れ時"と言えるここは絶好の狙い目だろう。

2/7(土)小倉1R 3歳未勝利 ダ1700m 9:50
⑧サトノロイヤル 南井/浜中
馬連 1180円的中 3連複 1万5290円的中
馬具の効果で勝負の構えにある関係者情報を入手!
現在は中京・小倉・東京の3場開催。"関東馬より関西馬が強い"のはもちろんだが、番組構成としても関西馬が有利と言える。

特に小倉は関東馬にとって勇気のいる遠征場所。準備万端で臨む関西馬には太刀打ち出来ないのが正直なところ。

ここには「ここまで全てが予定通り」という関西馬が出走する。それが⑧サトノロイヤルだ。

前走は休み明けで小倉へ遠征。「少し気が入らない時がある」との話があったが、ジョッキーが馬のことを理解して道中で動く競馬。内でじっくり脚を溜めた馬を交わすまでには至らなかったが、上がり上位の末脚を使って3着に食い込んだ。

関係者は「一回使ったことで馬が変わってきた。予定通り調子は上向きだし、小倉も合っているね」と、叩き2戦目のココで勝負の構え。

今回はブリンカーを着用して、レースへの集中力を高める算段。ジョッキーからの進言もあったようで、陣営の勝負度合いは前走以上とも言える状況。地元浜中騎手を配して初勝利を掴む。
2/6(土)中京12R 4歳上2勝クラス ダ1200m 16:10
⑥スズカカナロア 橋田/川田
馬連 1150円的中 3連複 8740円的中 3連単 3万6470円的中
表に出ない裏事情をキャッチ!
今月で引退する調教師や騎手に注目が集まっているが、去る関係者は他にもいる。

ここに出走する⑥スズカカナロアの担当は栗東でも"腕利き"と呼ばれる厩務員。「最後にこの馬で勝つ」とかなり力が入っている。

橋田厩舎と言えば、先日まで海外を中心に活動していたディアドラが在籍していた。そのため、厩舎から海外へ人員を派遣していたが、これを機に栗東へ合流することとなった。

その留守を受け持つ形で厩舎に入ったのが今回の"腕利き"厩務員。任期満了で厩舎を去ることになった。

最後ということで、厩舎サイドも一丸となって調整。「中京を目標に調整してきた。今回で3戦目。状態は上向きで今が一番良い」と、状態の良さをアピールする。

中京はオーナーの地元ということもあり、いつも以上に"勝たなければならない理由"が多くあることからも、ここは何がなんでもの1戦だろう。

1/31(日)中京9R 刈谷特別 芝1600m 14:25
⑧ノルカソルカ 藤岡健/藤岡佑
馬連 2180円的中 3連複 3100円的中 3連単 1万2790円的中
騎手絡みの情報が土日で万券を演出!
日曜は「中京開催のうちに決める!」と陣営が気合の入っている⑧ノルカソルカを本命に。

この馬はとにかく左回りが大の得意。中でもこの中京では全く崩れていないように相性が良いだけに、1回中京開催が終わる前にこのクラスを勝ち上がるべく、力が入っているということだ。

前走は川田が乗って惜しい2着だったけど、この馬に関しては(藤岡)佑介の方が手が合っている印象。その佑介サイドとしても、日曜はこの馬が一番と考えているみたい。何と言っても佑介にとっては親父さんの厩舎の馬で勝つチャンスだし、結果が欲しいところだよね。
1/30(土)東京9R 銀蹄S ダ1400m 14:35
④タガノビューティー 西園/石橋脩
馬連 2520円的中 3連複 1万8230円的中 3連単 5万8270円的中
CHECKMATEドル箱馬がまたまた特大万券を演出!
2走前の東京では11万7400円的中に貢献している④タガノビューティー。前走も東京に遠征して勝利を挙げているが、今回は休養を挟んでまた東京へ遠征。これはもちろん、結果を求めて勝負の関東遠征ですよ。

今回は距離が1400Mになる点がポイントになるけど「ビュっとキレて前を捕まえに行くようなタイプだから、脚を使う区間が短くなるこの条件の方が合っていると思うんだよね」と関係者は非常に前向き。むしろこの条件替わりで前進できるだけの手応えも得ているみたいだし、かなり強気なんだ。

ちなみに鞍上の石橋脩西園厩舎との相性がかなりいい。それだけにジョッキーサイドからは「この厩舎の馬はなんでも乗っておきたい」って声が出ている程。で、この馬との相性も良くて3戦3勝のパーフェクト。ここでも十分期待できるね。
1/30(土)中京4R 3歳新馬 ダ1800m 11:30
⑧キャリアリズム 藤原英/福永
馬連 1270円的中 3連単 1万4260円的中
関西馬情報があれば、新馬戦も獲れる!
外国産馬と言えばマル混(混合戦)の番組しか使えないが、新馬戦に限ると、比較的マル混の番組が多く適条件を選んで出走することができる。

外国産馬の⑧キャリアリズムは、この条件を狙って出走してきたクチ。

『吉澤ステーブルWEST』で入念な乗り込みを重ねて基礎体力をつけ、栗東トレセンに入厩してからも3週連続でビッシリ追われてキッチリ仕上げてきた。

大型馬らしく前向きさが足りない面も見られたが、雄大な馬体でビシビシ鍛えても問題ないよう外厩で体をシッカリ造り上げてきたので、トレセンでの追い切りでスイッチが入った格好。

陣営も「追い切りでは遅れて目立たないように見えますが、併せた相手がオープン馬なので気にしていません。この馬なりにシッカリ動いているし、パワーもあるのでこの条件もピッタリ。いい勝負になると思います」と、イキナリから勝ち負けできると見ている。

鞍上サイドも素質の高さを評価しているだけに、まず恥ずかしい競馬はしないだろう。

1/24(日)小倉12R 海の中道特別 芝2600m 16:00
⑨アドマイヤポラリス 友道/団野
馬連 1100円的中 3連複 3110円的中 3連単 1万3220円的中
馬主絡みの情報は精度が違う!これぞ狙って万券!
ココは前回触れた芝2600mやな。今回は2勝クラスやけど、特殊な条件だけに一般ファンは予想が難しいんとちゃうかな。

本命は⑨アドマイヤポラリスや。オーナーは阪神馬主協会の【近藤旬子】氏やな。

この馬はデビュー当初から「阪神で勝負する」っちゅう話がよくあったように、オーナーがお気に入りの1頭や。

今回は小倉に初めて遠征する形やけど、「レースは上手になってきたけど、勝ちきれない面がある。その点、器用さが出てきたから小回りの小倉で変わると思うよ」と、関係者は勝負遠征を匂わせていたで。

函館で2勝目を挙げた背景を考えてもココで一発は十分に有り得ると思うで。
1/23(土)小倉3R 3歳未勝利 ダ1000m 10:50
④スパークリングアイ 大根田/菊沢
馬連 1420円的中 3連複 3620円的中 3連単 1万5420円的中
騎手絡みの情報が万券的中に直結!
とにかく前進気勢に溢れているスピード型・④スパークリングアイ。近走の着順は9,15着と全く目立たないけど「加藤さん、これは大変身ありますよ!」とスタッフはかなり色気を持っている様子だよ。

特にそのスピードの高さが目立っていたのが前走。レース前半で(国分)優作が手綱を引っ張ってなだめていたんだけど、その前走って前半600mの通過が34秒6っていう速い流れだったのよ。それでも行きたがるような前進気勢の強さがこの舞台で存分に活きると思うんだ。

陣営としてもこのレースぶりを受けて小倉1000mへの転戦を決断しているように、高い適性の持ち主と考えているのは明らか。前半から積極的に先行出来れば、一発の可能性は十分だよ!
1/23(土)中京1R 3歳未勝利 ダ1800m 10:00
①ヴォワドアンジェ 中竹/藤岡佑
馬連 550円的中 3連複 1490円的中 3連単 1万0370円的中
オーナー期待の馬が激走!本線的中で万券仕留めた!
競走馬が出走に至るまで、厩舎や騎手、生産サイドや馬主サイドの意見をもとに使う番組や条件を選定する。

時には手探り状態の時もあり、「走って見なければわからない」というケースも少なからず存在する。それとは逆に、「この条件がこの馬にとってベスト」と意見が一致するケースも少なくない。

中京の舞台に狙いを定めて、「今回はもう落とせない。言い訳が出来ない状況だよ」と力が入っている①ヴォワドアンジェを狙う。

前走時も勝負話を入手して的中に貢献したが、「今度こそ」と陣営は燃えている。というのもオーナーは京都馬主協会を代表する【前田幸治】氏。ノースヒルズの代表としても知られるが、ノースヒルズ名義で走らせた馬でも、お気に入りならば個人名義に変更することがある。この馬もそれに該当する1頭で、陣営サイドは「オーナーの機嫌を損なわないためにもまずは1勝を挙げないと」と、躍起になっているのだ。

中京に狙いを定め、今回で休み明け3戦目。「左回りもスムーズだし、距離もベスト」と、勝負度合いは高まっている。

中1週でのレースになるが「使いながら着実に良くなっているし、レースぶりも以前とは比べものにならない」と関係者が語っていることから、2着続きにピリオドを打ち、初勝利を手にするはずだ。
1/17(日)中京7R 4歳上1勝クラス ダ1400m 13:20
①シュガーサンダー 藤岡/福永
馬連 500円的中 3連複 2460円的中 3連単 1万0770円的中
馬主絡みの勝負話をキャッチ!◎○で万券的中!
「今回は負けられない」「もう順番」と景気の良い話ばかりが飛び込んでいる①シュガーサンダー。関係者は「もう言い訳が出来ないし、今回は何がなんでも勝たなければならない」と、並々ならぬ想いで臨んでいる。

デビュー戦で鮮やかな勝利を決めて以降、善戦はするものの2勝目まで一歩届かずの状況。オーナーサイドは初戦の勝ちっぷりから、期待が膨らんでいたことと思うが、ここまで来ると"落胆"の声が聞こえても仕方がないところ。

1戦でも早くクラス突破を決めたい陣営は、鞍上を福永騎手にこだわり、競馬を教えることと人馬共に理解を深めることに専念。「今回は大丈夫」という手応えを掴むまでに至ったようだ。

前走で1400mに距離を延長したことに関しても、「我慢の競馬が出来たし、終いを伸ばす競馬が出来たことは収穫」と、競馬の幅が広がったことを強調。

時間をかけてようやく辿り着いた勝負の舞台。オーナーへ勝利の報告が出来る準備は万端でここは鮮やかな勝利を決めてくれるはずだ。

対抗は⑩アメージングランを指名する。

オーナーの【深見富朗】氏は中京馬主協会の所属。昨年は地元で所有馬を11度走らせたが、上位に食い込むももの勝利を味わうまでには至らなかった。当然、「地元での勝利が見たい」と考えているのは言うまでもない。

そんな中「なんとかこの馬で地元勝利を」と期待されているのが⑩アメージングランだ。

厩舎サイドもそのことは重々承知。ここへ向けて万全の調整を進めてきた。「中京にこだわった番組選びをしてきたし、舞台設定は申し分ない。程よく間隔を空けて調教の動きもよくなったし、今回はこの馬の力を出せると思いますよ」と自信たっぷりだ。

前走は馬群を捌けず脚を余すシーンが見られたことから、「力負けではない」と関係者はキッパリ語っており、巻き返しのシーンがあっても良いだろう。
1/16(土)中京2R 3歳未勝利 ダ1400m 10:30
⑧マイネルグスタフ 吉田/国分優
馬連 720円的中 3連複 1740円的中 3連単 1万1190円的中
情報通り◎○1点目で的中!
今週から小倉開催がスタートしたことで、特に関西所属馬は選択肢が増えた状況にある。中でも輸送距離が短い中京は実力馬の出走が多く見られることだろう。

中京でも"関東馬より関西馬が強い"ということが見られるはず。関西馬情報を持つものこそが馬券を制すると言えるので、引き続きご注目頂きたいところ。

土曜から関西馬の面白い話を入手しているが、午前では「使いながら良くなってきたし、前走から程よく間隔を空けたことで、状態的にもピークにある」という⑧マイネルグスタフを狙う。

前走はスタートして無理をせず後方からの競馬。それまでとは一転する競馬内容だったが、直線では鋭く脚を伸ばして2着に入った。

関係者は「能力があると思っていなければ、出来ない騎乗だよね。その点(国分)優作はこの馬のことを良く分かっているし、良さを引き出してくれる」と、騎手に対して絶大な信頼を寄せている。

今回が初めての左回りとなるが、「レースを経験しながら競馬ぶりもよくなったし、順応性も高い。真面目に走るタイプだし、この条件も全く問題ないよ」と、関係者の勝負気配からも勝ち負けだろう。
1/11(月)中京4R 3歳新馬(混) ダ1800m 11:40
①リアンクール 安田隆/北村友
馬連 1140円的中 3連複 2920円的中 3連単 1万0070円的中
新馬戦も関西情報があれば獲れる!
ここは①リアンクールに注目したい。

2歳時は仕上がりがやや遅い組に入り、11月末頃まで北海道の『ノーザンファーム空港』で成長を促しつつ調整されていた。

しかし時間を掛けて調整した甲斐もあり、十分な体力がついてすぐレースを使える段階まで仕上げられたという。栗東トレセンへ入厩後も坂路でキビキビした動きを見せて「これはイキナリから面白そう」と、陣営も期待を膨らませていた。

「追い切りを重ねる毎に動きが良くなっています。馬のタイプ的にゆったり運べる距離も合いそうなので、勝ち負けを期待しています」という話も入っているだけに、ここは順当に上位争いできるだろう。

1/10(日)中京7R 4歳上1勝クラス ダ1900m 13:30
③ヴェラアズール 渡辺/福永
馬連 2050円的中 3連複 4370円的中 3連単 1万7290円的中
オーナーサイドの裏事情をキャッチ!
新シーズンがスタートして、騎手や厩舎、そして馬主サイドが、"新年最初の勝利をどの馬で挙げるか"話題にあがることがある。

特に馬主サイドが一口クラブの場合、出資者の手前、そういった話が表向きに発表されることはまずない。

昨年、勝利数で2位の勝ち星を量産した【キャロットファーム】。「今年最初の勝利はこの馬で」と言われているのが③ヴェラアズールだ。

これまでは阪神を中心とした番組選び。今回が初めての左回りということもあり、一般ファンから不安視する声も出ているようだが、実は「左回りの方がスムーズに走れると思う」という声が出ている。

要するに、中京を使うプランはこれまでも上がっており、満を持しての出走となる。

その理由は、「よくなるのは先だから、早い段階で右回りを克服したいこともあったし、精神面での成長も促したかった」とのこと。言い換えれば「左回りならいつでも勝てる」という自信があったということ。

今回も主戦の福永騎手が騎乗。鞍上サイドも「左回りの方が良い」という手応えを掴んでいることから、ココはオーナーサイドの期待通り、今年最初の勝利を手にしてくれるはずだ。

情報的に見逃せないのが①メイショウコジョウ。前走は後方から脚を伸ばして5着。騎乗した幸騎手は戻ってくるなり、「脚を余しました。すみません」と、自らの騎乗ミスを伝えた。

本来であれば、乗り替わりもあるところだが、幸騎手からすれば継続騎乗のチャンスを頂いた形。"なんとしても"と力が入るここは渾身騎乗で上位へ食い込む走りが見られることだろう。
1/9(土)中京5R 3歳未勝利 芝2000m 12:30
③ノースザワールド 大久龍/松山
馬連 1810円的中 3連複 2630円的中 3連単 1万1350円的中
7人気穴馬の激走を仕留めた!
今週から本格的に正月競馬がスタート。厩舎の思惑は様々で、どこからスタートダッシュを決めるか、手探りのところもある様子。そういった背景をしっかり把握出来れば、的中馬券を量産出来る時期。今週もCHECKMATEが関係者から直接入手した情報を楽しみにしていただきたい。

年明け早々に3日間開催ということもあり、厩舎サイドにとっては骨を折るスケジュール。そんな中で、狙いを定めて勝ち星を獲りに行く話は正月競馬で見逃せない情報。

ここで本命に指名する③ノースザワールド。今回がデビュー4戦目でレースを経験する毎に内容も良化。関係者が「これが土曜の午前では一番だね」と太鼓判を押す存在として注目。

前走は2000mに距離を延ばして2着に好走。「調教の動きからも距離は対応出来ると思うよ」と手応えを掴んでいたが、スムーズに先行してラストまでノビのある末脚を見せたことから、さらに関係者の自信は高まっている様子。

元々距離を延ばす計画はあったようで、「ここに来て落ち着きが出来た」と、精神面の成長が条件替わりの決め手となったようだ。

「ここまで良い状態で来れた。今までで一番良いデキだから、今回は決めたいね」と、力が入っていることからも勝ち負けと見て良いだろう。
1/5(火)中京12R 4歳上2勝クラス 芝1400m 16:20
⑬リレーションシップ 須貝/武豊
馬連 2260円的中 3連複 1万0670円的中
年始一発目の勝負鞍で万券的中!
関係者の間で「新年最初の大ヤリ」ともっぱらなのが、社台オーナーズ所属(名義は吉田勝己氏)の⑬リレーションシップです。

社台オーナーズというのはJRAの馬主資格を持った方だけが出資できる共同所有システム(オーナーズクラブ)。当然ながら、一般のクラブと比較して“太客”が出資し、それらの方々で成立していますが、募集金額が大きいため成績に対しての見方もシビア。結果が出なければ離れていきます。

故に通常のクラブ法人以上に関係者は結果を出すために力を注いでいますが、そんな中で開催初日に特に力が入っているのがこの⑬リレーションシップ。1口320万円という募集金額からも分かる通り、デビュー前から重賞での活躍が期待されていた馬ですが、脚元の関係もあり未だ2勝の身。関係者の間で納得している者がいるハズがありません。

ただココにきての充実度は関係者のトーンを上げるには十分なモノ。関係者は「前走は勝ちっぷり、内容ともに文句が無かった。2着馬に乗っていた川田騎手が“どこかで乗せてください”と言っていたくらいだからね。今回は昇級戦となるけど、通過点の気持ちでいるよ」と超強気な構えを見せています。

前走後はすぐに同条件のココを目標に調整されており「年末年始の動きも文句ナシ」と関係者も太鼓判のデキにあるようですし、鞍上にも名手武豊騎手を確保。不安らしい不安は全くありませんし、関係者が超強気なのも納得です。ココも勝ち方だけが焦点でしょう。