先週のスマッシュヒット!

青葉賞の3万馬券を筆頭に土日連続で重賞的中!いざ、創業月間5月へ突入だ!

先週のスマッシュヒット!
#

今週は重賞・G1情報担当の山川が担当させていただく。

一週間の谷間週を挟み、今週から再びG1シーズンがスタート。特に天皇賞(春)週から安田記念週までは6週連続でG1が行われる。競馬の祭典と言われる日本ダービーが行われたり、これから更に競馬界は盛り上がっていく。これから先も楽しみだな。

さて日本ダービーと言えば、今週は伝統のトライアル重賞が行われたな!土曜東京11Rの青葉賞だ。

この青葉賞は関東馬のヘデントールという馬が単勝1番人気に推されていたが……CHECKMATEの結論はもちろん『関西馬優勢』。関西馬の◎○でバッチリと仕留めたぞ!

GI・重賞レース
(シルバーランク以上の会員様限定)

[4月27日(土)東京11R]
青葉賞(GⅡ)
◎シュガークン(2番人気)
○ショウナンラプンタ(7番人気)
▲デュアルウィルダー(4番人気)

3連単:3万8360円的中
3連複:6630円的中
枠連1点目:720円的中


#

まず、今回本命に指名したのが◎シュガークンという馬だった。

#


一般のマスコミなんかでも紹介されていたかと思うが、この馬は母シュガーハート……つまりキタサンブラックの半弟にあたる良血馬。そしてそのキタサンブラックと同じ清水久詞厩舎の管理馬である。

キタサンブラックは現12歳世代だが、その後も妹や弟たちが競走馬としてデビューしてきた。中にはダートでオープンまで駆け上がったエブリワンブラックという馬も居るんだが、芝の重賞戦線を意識させるような馬ってのはなかなか出てこなくてな。

そんな中、久々にこの血統で清水久厩舎へと入ることになったがシュガークン。我々情報班はこの馬がデビューする前から話を聞いてきたんだが「これはキタサンブラック以来、“当たりのシュガーハート”だと思います。走りますよ!」と、かなり高い評価を受けていたんだよ。

それだけに陣営は早くから『日本ダービーへの出走』を強く意識していたんだよな。これだけの良血馬だから、大一番へと送り込まなければならないという強い思いを抱えていた。

だからこそ、優先出走権の獲得できる青葉賞に全力投球の姿勢だったってこと。正直言って、次で勝ち負けに持ち込めるかどうかは陣営としてもシビアな目で見ているようだが、ひとまずダービーへの出走権を得るという大目標はクリアしたんだから、“情報通り”の走りだった。


対抗の○ショウナンラプンタもあと一歩だったな。この馬は高野厩舎サイドから「元々はジャンタルマンタルよりも潜在能力が高いんじゃないかと言われていた馬なんです」という声が出ていた期待馬。あと一歩で勝利には手が届かなかったものの、やっぱり能力の高い馬なんだよ。

このように今回の◎○に関しては、いずれの馬も厩舎サイドが非常に高く評価しているというのが特徴だったわけ。

ただ、一般の競馬ファンなんかがデビュー前に関係者を直撃するなんてことは不可能だろう。もっと言うと、競馬新聞を作ってるトラックマンだって真面目に話を聞き集めていないことがあるほど。関係者の本音は貴重な材料だから、これからも我々は力を入れて聞き込んでいくぞ。


そうだ、もう一つ忘れちゃいけないのが、関東情報班の佐山さんの存在だ。青葉賞のメンバーについて直接やり取りをする機会があったんだが、

佐山

ヘデントール?あれは押さえ程度で良いでしょ。
(→1番人気8着)

佐山

ウインマクシマムも悪い馬じゃないけど、今のレベルじゃ青葉賞では足りないかな。関係者もかなり歯切れが悪かった。
(→3番人気5着)

佐山

そんなことより、堀厩舎デュアルウィルダーだよ。あれはメッチャ走るし、厩舎サイドもモレイラも褒めてる。まだまだクリアしなければならない課題はあるが、重賞でもいきなりから勝ち負けできるレベルだ。
(→4番人気3着!)


と、関東馬の取捨を完璧にジャッジしていた。だからこそ相手2番手を▲デュアルウィルダーとして、◎○▲での完全的中を仕留められたんだ。


佐山さんは今週、自分の足で関係者から独自に入手していた勝負情報を活かしてキッチリ万馬券を仕留めていたんだよ(※人数限定公開)。

【今週の大勝負情報】
佐山の緊急関係者情報
(※ごく一部の会員様限定案内)

[4月27日(土)新潟8R]
◎ウインアイオライト(2番人気)
★ヨウシタンレイ(4番人気)
△ハリケーンリッジ(3番人気)

馬 単:2730円的中
馬 連:1750円的中
3連複:2820円的中
3連複:1万1780円的中


我々CHECKMATEは関西情報社だが、それは別に関東馬を全て無視する訳ではない。ちゃんと関東馬の情報も精査しているからこそ、関西馬で勝負できる機を逃さないということ。以降も楽しみにしていてくれよな!

#

そして、日曜の天皇賞(春)も◎テーオーロイヤルから仕留めさせてもらった。まあ、個人的には完全的中を取り逃してしまった、悔しい結果でもあるんだけどな。

GI・重賞レース
(シルバーランク以上の会員様限定)

[4月28日(日)京都11R]
天皇賞・春(GⅠ)
◎テーオーロイヤル
△ブローザホーン(5番人気)
△ディープボンド(6番人気)

3連複:7750円的中
馬連:1070円的中


天皇賞については「正直なところ、CHECKMATEさんの推奨文を読むまではテーオーロイヤルがそんなに強い馬だと思っていませんでした。あんな強烈な数字を持ってたんですね」という反響をいただいている。

何を公開したかというと、前走・阪神大賞典の内容が秀逸だったってことをお伝えしたんだ。

当時の推奨文から抜粋

注目すべきはレースの後半1000mのラップタイム=57秒9という数字。

中央競馬では、芝3000m以上の長距離戦でラスト1000mが57秒9以下となったレースがたった6例しかない。そしてその勝ち馬は、

ディープインパクト
ナリタブライアン
マンハッタンカフェ
ナリタトップロード
ジャスティンパレス
テーオーロイヤル


という、もはや説明するまでもない強烈なラインナップ。更に、この中でテーオーロイヤルの阪神大賞典だけが稍重馬場という驚くべき事実もある。その他5例は全て良馬場なのだ。

もちろん、現代の馬場整備技術は非常にハイレベルなところまで発達しているため、時計の出方も変わってきている。その点を考慮する必要はあれど、道悪でこれだけの上がりを叩き出せるテーオーロイヤルがG1レベルに到達していることは間違いないはず。


これだけ分析的に強調できる材料があり、しかも今回はバチクソ絶好調だという話も聞いていた。◎はこの馬以外になかったよな。菱田、ナイスライドだった!

#

他にもまだあるぞ。土曜は外厩担当としてあらゆる場所で暗躍している黒木さんが、馬連4点&3連単36点という独自のスタイルでバッチリ仕留めている。

個性派記者の本音トーク:黒木
(シルバーランク以上の会員様限定)

[4月27日(土)新潟2R]
◎リエータメンテ
△ダイシンサンディー(6番人気)
★ダンツドール(5番人気)

3連単:2万2770円的中
馬連4点提供:1760円的中


#

最後に……CHECKMATEは5月が創業月間となる。俺がこうして皆様の前に出てくるようになったのは、昨春のサイトリニューアル以降だが、CHECKMATEは今年で18周年を迎える。


栗東の目と鼻の先に拠点を構え、関係者情報を独自に聞き集め続けてきて18年。ここ最近は分析面にもしっかりと力を入れ、皆様に更に良い結果をお届けできるように邁進中だ。

ダービーやオークスといったビッグレースも控える5月は、CHECKMATEにとってスペシャルな月となる予定。そして次の1年、その先の1年に向けて更なる進化を果たせるように、精進していく。今後とも引き続きよろしくお願いいたします!