先週のスマッシュヒット!

【函館スプリントS】関西情報社の最終結論は、オキテ破りの◎関東馬!その背景と、密かに浮上した“来週の勝負話”を解説

先週のスマッシュヒット!
#

元気にしてるか!重賞・G1担当の山川だ!

今週からは北海道シリーズ・函館開催もスタート。日曜、京都なんかは雨が降ったりして涼し気な気候とあって、まだまだ夏という感じはしなかったかもしれないが、いよいよ競馬界は本格的に夏に突入したってムードだな!

今回フォーカスを当てるのはその函館開催。開幕週に行われた伝統の重賞・函館スプリントSについて詳しく触れていくぞ。

何せ今回の函館スプリントS……

自信の本命として公開した情報馬は、関東馬だったからな!

自信の本命はまさかの関東馬!
単勝18.5倍の◎ウイングレイテスト!

#

改めて、今回本命に指名したのは関東馬の◎ウイングレイテスト(単勝5番人気・18.5倍)だったんだよ。

GI・重賞レース
(シルバーランク以上の会員様限定)

[6月9日(日)函館11R]
函館スプリントS(GⅢ)
◎ウイングレイテスト(5番人気)
△サトノレーヴ
○ビッグシーザー

馬連:3470円的中
3連複:7080円的中

関西情報社CHECKMATEとしては異例のチョイス。函館滞在中のビッグボス堀江さんも「これは古くからの会員様ほど、ビックリしとるんちゃうかな~」と言っていたが、実際に会員様からの反響も大きかったようだ。

というのも、このレースは16頭中8頭が関西馬と、決して関西馬の出走自体が極端に少なかった訳ではないからな。これまでのパターンからすれば、この8頭の中のどれかが◎指名される流れが自然だった。

しかし繰り返しになるが、実際に本命馬として公開したのは単勝18.5倍の関東馬・ウイングレイテストだったんだ。勝負を掛けたってことだ。


今回本命に推奨した理由については、簡単にまとめるとこのような感じ。

①昨秋の時点で適性の高さを証明
敗れた阪神カップにヒントあり
関係者が「あのパフォーマンスは相当良かったんじゃない?」と強調していたのが、2走前の阪神カップ(芝1400m)。当時は着順こそ8着だが、コース史上3位の前半3ハロン33秒1という超ハイラップを刻んでの逃げ。ラストの失速はいたし方ない。

注目すべきは、後続を1馬身以上突き放していた残り200m(=1200m通過)地点までの走り。ウイングレイテストは前述の超ハイラップを刻みながら、直線では一度後続を突き放し、しばらく先頭の座を守り続けていた。

1200m地点の通過ラップは1分7秒3。昨年の阪神芝1200m戦の最速決着タイムがセントウルSでの1分7秒2という点を踏まえても、1200m戦適性の高さを証明するかなりの好内容だったことに違いない。
②「秋はスプリンターズSを目指す」
現時点から陣営が勝負態勢
表向きには伏せられていたが「秋の目標はスプリンターズSです」と内々で関係者が宣言していた。大一番へ確実に駒を進めるためには少しでも賞金を加算しておきたいところ。

また、同クラブにはウインマーベルという短距離のトップクラスが在籍していることを考えると、ウイングレイテストも1200m戦で結果を出しておかなければ“使い分け”で目標に出走出来ないかもしれない。
③現地での調教を見ても
◎抜擢に値するだけの仕上がり
函館での調教を実際に見届けた関係者からは「抜群だね」との報告が入っていた。

今年7歳というベテランではあるものの「海外遠征の疲れもないし、力の衰えもない。むしろ、更に充実度は増しているんじゃないか!?」と、ここに来て上昇曲線を描いているのではないかという話すら入ってた。
④断然人気のアサカラキングより高評価
にもかかわらず不当な人気薄
当レースで1番人気に推されていたアサカラキング(単勝2.3倍)は、ウイングレイテストが好内容で走った阪神カップと同週、同じ阪神芝1400m戦で2勝クラスを勝ち上がっている(12/24阪神12R)。

その勝ちタイムは1分20秒3で、阪神カップよりも1秒遅い。もちろんその後の成長度を加味する必要もあるが、阪神カップを1分19秒台でまとめているウイングレイテストの方が圧倒的に人気がないのは、あまりにも不当な評価と言える状況だった。

これだけの論拠と現場情報があるんだから、関東馬であるこの馬から積極的に勝負をかける価値は非常に大きかったとお分かりいただけるはずだ。

結果的に断然人気のアサカラキングは9着と大敗。まあ、今回に関しては出負け気味のスタートでハナを奪えなかっただけにかわいそうなところはあるが、スプリント性能の比較でウイングレイテストの方が上回るという見立ては間違っていなかっただろう。


勝ったサトノレーヴはもちろん相手の本線に組み入れていたが、対抗に指名したのが関西馬最先着(3着)のビッグシーザー。関東馬が上回る可能性を見抜きながら、一方で関西馬で最もチャンスある馬がどの馬かも把握していたと言える。

ただ、3連単までの完全的中とは至らなかったことだけは俺がしっかりと反省していかないといけない。今後の重賞・G1で最良の結果をお届けできるように、復習と予習を今後も怠らずに行っていくので、是非ともご期待いただきたい!

『当日一番』も万券的中!
そして来週は更に期待できる!?

#

今週は、シルバーランク以上の会員様に公開している『当日一番』の情報・厳選勝負レースでも万券的中を仕留めたぞ!

厳選勝負レース
(シルバーランク以上の会員様限定)

[6月8日(土)京都12R]
◎カズゴルティス
△ジャーヴィス(5番人気)
○フェリーニ

馬連:1530円的中
3連複:1650円的中
3連単:1万0240円的中


#

それから堀江さんも、函館の新馬戦という馬券を買うには『情報必須』と言えるレースでキッチリ仕事をしてたな。

個性派記者の本音トーク:堀江
(シルバーランク以上の会員様限定)

[6月9日(日)函館5R]
◎グランカメリア(2番人気)
★エメラヴィ(8番人気)
△カルミネイション(5番人気)

3連複:1万0130円的中

さて、最後にちょっと『来週』の話をしたい。

前述の万馬券的中を仕留めた6/8京都12R(◎カズゴルティス)は、厳選勝負レース:Bランクとしての情報公開だった。

この厳選勝負レースってのはA・B・Cと3つのランクに分けれていて、Aランクのレースってのはよっぽど信頼できる情報が入ったりしない限り出てこないんだよな。基本はBかCランクで公開されることが多い。

※今年は49鞍公開し、Aランクはわずかに1鞍だけ

でな、

来週はAランクが出るんじゃないか

って話になってるんだ

もちろんこれから細かい調整をしていくし、何より馬は生き物だから何かしらのアクシデントが発生してしまう可能性もある。

ただ、もし順調に進めば……

「このレベルの馬が●●クラスで買えるのは滅多にない!」

というレアなシチュエーションになるかもしれないんだ。

既に我々情報班は来週に向けた準備をそれぞれ進めている。とりわけ加藤さんなんかは気合が入っているのかなんなのか、月曜から旅に出るって話になっていたな……?

#

とにかく、夏競馬はまだまだこれから先が本番。再来週はG1宝塚記念もあるし、その先には小倉・福島・札幌・新潟・中京といった各地で勝負をかけようとしている人馬が控えている。

今週の悔しさを来週以降でしっかりと晴らしていけるように、俺も早速日曜夜から色々と準備を進めていこうと思う。来週以降も我々の公開する情報には是非とも注目してくれよな!