山川レオ記者・プロフィール

豊富なデータと現場情報の二刀流で活躍する記者・山川が重賞レースの攻略ポイントを公開。5月競馬では葵ステークス(◎ピューロマジック)、日本ダービー(◎ジャスティンミラノ)などで会心的中を仕留めることに成功! 先週・中京記念は◎エルトンバローズから的中と、ただいま絶好調です。

lecture 1

名手・武豊が渾身の
ダイエットに励む!?
ボンドガール(51キロ)に注目

今週は札幌でクイーンステークスが行われる。夏の名物の一つである牝馬限定重賞だな。

このレースには3歳馬の出走も少なくない。春は桜花賞やオークスといったクラシック戦線に駒を進めた馬が、休養を経て夏のこのレースで復帰するというパターンだ。夏休みに入った3歳馬は北海道の外厩で休養する例もあるだけに、丁度良いタイミングなんだろうな。

さて、今年も3歳馬が参戦する。ボンドガールという馬だ。

昨年6月の新馬戦を好時計で勝った時には、後のオークス馬であるチェルヴィニアを完封。その後はサウジアラビアRC→ニュージーランドTで連続して2着と、3歳同士の重賞では好走を続けてきた。前走のNHKマイルCは直線で大きな不利があっての大敗となっただけに、参考外だろう。

そして今回は、鞍上が武豊という点も注目なんだよな。

3戦連続の騎乗だからこのコンビ自体は自然なんだが、問題は斤量だ。

今年のクイーンSでは3歳牝馬が51キロで出走可能。今回のボンドガールもこれまでの重賞勝ちがないため51キロになるんだが、武豊が51キロに騎乗するのは18年10月以来なんだぜ!?

#

そもそも、55歳のレジェンドは今でも51キロで乗れるのか……? まずはプロフィールを見てみよう。

武豊(タケユタカ)
1969年3月15日生まれ
身長170cm
体重51kg

これはJRAのホームページに掲載されているプロフィール。人間だから体重には多少の揺らぎがあるだろうが、主催者の発表では51キロなんだ。

「じゃあピッタリ51キロの馬に乗れるね!」とはならないのが競馬の難しさ。よく我々が“斤量”と呼ぶものは正確には“負担重量”という名称である。これはジョッキーの体の重さだけではなく、勝負服やブーツにプロテクター、そして馬に装着する鞍などの重さも含まれているんだ。

『武豊+鞍』の重さが51キロにならないといけないので、武豊自身はそれよりも軽い体重に絞らなければならないということだ。


そもそも武豊は51キロ以下の馬にほとんど乗らない。それこそ1995年ぐらいまではコンスタントに乗っていたんだが、そこから2010年までは軽量での騎乗が全くのゼロ。2011年から今に至る10年以上の間もたった3例しかない上に、実は全然結果が出ていないんだよ。

■武豊騎手・51キロ以下
※2010年以降の騎乗例

①11年6/12阪神11R
CBC賞・シゲルキョクチョウ(15着)

②13年6/30中京11R
CBC賞・ザラストロ(7着)

③18年10/27東京9R
国立特別・プリュス(16着)

※18年7/8中京10Rも騎乗予定だったが、競走除外で出走ならず

普段は乗らない斤量に乗るってのはレアケースなんだが、だからと言って結果が出ている訳ではない、ってのは覚えておいた方が良いかもな。

というのも、珍しいものは一般のマスコミも積極的にピックアップする傾向にあるからな~。いかにも勝負がかりみたいな感じで報じるだろうけど、実際の結果がどうなってるかまでは説明しないだろう。もっと深いところまで調べないといけないぞ。


ただ、やはり51キロという軽量はある程度評価すべきだとも言える。

直近10年間で重賞に51キロの馬が出走した例は27例あるが、

[8-1-2-16]
勝 率:29.6%
連対率:33.3%
複勝率:40.7%


と、ある程度の結果は残しているんだよな。

そういや昨年だって、クイーンSを勝ったのは51キロのドゥーラだったろ。3歳とは言え、夏の時期ならもう徐々に古馬に近付いていると言えるだけに、古馬と比べて4キロも軽い斤量で走れるのは大きなメリットだよな。

ということで、武豊が乗るかどうかは別の話として『51キロという軽量で出走してくる馬はある程度評価するべき』というのが俺の現時点での持論だな。

あとは枠順だったり、新聞には載らないような関係者情報を確認し、最終結論に近付いていこう!

lecture 2

山川記者の
クイーンS予想

ということで、他にも見ておくべき材料は沢山ある。特に今年はメンバーがなかなか豪華で、3歳馬で重賞勝ち実績のあるイフェイオン、リステッド勝ちのあるコガネノソラも侮れない。

さらに、古馬では重賞実績豊富なウンブライル、モリアーナに、GI馬のスタニングローズまで居る。予想し甲斐のあるレースになるぞ。

そしてココからがさらに重要だ。今年のクイーンSには他にも、このレース特有の好走パターンに合致する上、情報面でも不足の無い『ココでぜひ買いたい!』と考えている馬が複数いるんだ!

そこで、このページをご覧の方のみ、クイーンSの最終結論を配信するぞ。

7月28日(日) 13時頃配信

山川記者の予想講座は、チェックメイトのサイト内で公開されていますので、アカウントの新規作成をお願いします。すでにアカウントを持っている方は、ご覧いただけます。

「関西情報社CHECKMATEでは、私や記者の仲間たちが予想に役立つ記事や独占情報を毎週無料で公開しているから、ぜひ、この機会に読んでみてくれよ!」

山川の主な的中実績

葵ステークス(G3)

3連単36万2410円的中

◎ピューロマジック(8番人気・1着)
○ペアポルックス(7番人気・2着)
▲エトヴプレ
★ニコラウス
△ナナオ(6番人気・3着)

◎ピューロマジックは恐らく外枠(17番)が嫌われたんだろう。正直、この馬の過去のパフォーマンスや栗東界隈での評判を考えるとあまりにも人気が無さ過ぎたと思っている。実はこの馬、事情通の間では天才スプリンターと呼ばれるほどのスピードとスタートセンスの持ち主なんだ。

そして結果はアッサリと逃げ切りゴールイン。相手関係も含めて完璧に獲り切った一戦だった。これがCHECKMATEの取材体制と、独自のデータ・ラップタイム解析の賜物だよ。

京都新聞杯(G2)

馬連1万1990円的中
3連複2万1060円的中

◎ウエストナウ(5番人気・2着)
○ベラジオボンド
▲キープカルム
★ジューンテイク(8番人気・1着)
△サヴォーナ(2番人気・3着)

このレース、1番人気になっていたのはきさらぎ賞4着のインザモーメントという馬だったんだけど、過去のパフォーマンスで特筆すべき点が無かったんだよな。結果6着に敗れたのも不思議ではないよ。

それよりも、キャリア一戦の身ながら◎ウエストナウのパフォーマンスは凄かった。 数字面を振り返ると重賞レースを勝った馬たちと遜色のない内容だったんだよ。それを知っているからこそ思い切って勝負に踏み切った。相手も含めて会心の馬券だったよ。

青葉賞(G2)

3連単3万8360円的中

◎シュガークン(2番人気・1着)
○ショウナンラプンタ(7番人気・2着)
○デュアルウィルダー(4番人気・3着)
★トロヴァトーレ
△パワーホール

◎シュガークンについては、鞍上サイドの「最低でも権利は獲れる」という自信度の高さを聞いていたのが大きなポイントだった。

また○ショウナンラプンタは、あまり知られていなかったけど「ウチの厩舎の中では、GIを勝ったジャンタルマンタルよりもポテンシャルは高いと思っている」と前々から高く評価されていたんだよ。人気薄の今回が絶好のタイミングだったね。

有馬記念(G1)

3連単4万2110円的中

◎ドウデュース(2番人気・1着)
○ジャスティンパレス
▲スルーセブンシーズ
★スターズオンアース(7番人気・2着)
△タイトルホルダー(6番人気・3着)

◎ドウデュースは武豊を背に復活する確信があった。そして重要なのは3歳GI馬のタスティエーラ(6着)やソールオリエンス(8着)を軽視していたこと。戦前から「今年は3歳牡馬が古馬のレースで例年以上に通用しておらず、またダービーの時計レベルもかなり低い」と警鐘を鳴らしていた通りの結果。これでこの配当は付きすぎだよな。

7月28日(日) 13時頃配信

山川記者の予想講座は、チェックメイトのサイト内で公開されていますので、アカウントの新規作成をお願いします。すでにアカウントを持っている方は、ご覧いただけます。