山川レオ記者・プロフィール

豊富なデータと現場情報の二刀流で活躍する記者・山川が重賞レースの攻略ポイントを公開。
昨年暮れの有馬記念・予想講座では、3歳牡馬の世代レベルを的確にジャッジして◎ドウデュースをズバリ! 新年もフェアリーS、愛知杯、日経新春杯、東海S、シルクロードS、京都牝馬S、ダイヤモンドSなどで的中をお届けしています。

lecture 1

平均3連単配当は10万オーバー
荒れる金鯱賞に
分かりやすい傾向アリ!

2017年に現在と同じ3月開催となった金鯱賞。3連単の配当はこのようになっているが、その年の出走頭数も併記してみようか。

17年(16頭立て):19万2050円
18年(9頭立て):2万4410円
19年(13頭立て):1万1040円
20年(12頭立て):1万4440円
21年(10頭立て):78万3010円
22年(13頭立て):1万0610円
23年(12頭立て):1万4340円

平均:11万4903円

フルゲートに満たないレースが多く、年によっては1桁頭数しか出走していないレースもあるのに、必ず万馬券になっているんだから面白い。

ちなみに各年の勝ち馬と人気も見てみるか?

17年:1人気ヤマカツエース
18年:1人気スワーヴリチャード
19年:2人気ダノンプレミアム
20年:1人気サートゥルナーリア
21年:10人気ギベオン
22年:1人気ジャックドール
23年:1人気プログノーシス

これだけ人気馬が勝ち切るシーンが多いのに万馬券になっているんだから、これって美味しいレースと言えそうだよな。


で、この美味しい配当をどうやって仕留めるかって話だが、超カンタンな攻略法がある。

逃げ馬を買うだけだ。

■金鯱賞・逃げ馬の成績
※3月開催となった過去7年分

17年:7人気②着ロードヴァンドール
18年:8人気②着サトノノブレス
19年:8人気10着タニノフランケル
20年:6人気③着ダイワキャグニー
21年:10人気①着ギベオン
22年:1人気①着ジャックドール
23年:3人気②着フェーングロッテン

[2-3-1-1]
連対率71.4%!
複勝率85.7%!!

ほら、逃げ馬の内馬券に絡まなかったのは19年のタニノフランケルだけ。その他の年は必ず3着以内だし、何なら70万馬券の大波乱となった21年も『逃げ馬は買う』というカンタンな発想だけで10番人気のギベオンを買えたんだ。


なんで逃げ馬が良いかって、それも本当に簡単な話。

3月開催となった金鯱賞は、ほとんどの場合において開催の開幕週に行われている。使い込まれていない芝コースはどうしても道中の距離ロスを防げる内枠や、スピードを活かして前につける馬が有利になりがち。逃げ馬ってのは基本的に先頭かつラチ沿いを通るから、開幕週に強いんだよな。

2017年以降、1~3月に行われた中京開幕週の芝2000m戦では逃げ馬が連対率40%。開幕週以外も含めると30%程度まで落ちるから、やはり金鯱賞の施行時期というのが重要なポイントになっている。

要するに、逃げそうな馬が居たらそれはちゃんとマークしとかないといけないな。各馬がどんな作戦を企てているか、しっかりと情報収集に励んで行くぞ!

lecture 2

山川記者の
金鯱賞予想

とは言っても、この傾向だけでは、馬券はまだ組み立てられないよな。

馬券はココからが重要だ。今年の金鯱賞は、このレース特有の好走パターンに合致する上、情報面でも不足の無い『ココでぜひ買いたい!』と考えている馬が複数いるんだ!

そこで、このページをご覧の方のみ、金鯱賞の最終結論を配信するぞ。

3月10日(日) 13時頃配信

山川記者の予想講座は、チェックメイトのサイト内で公開されていますので、アカウントの新規作成をお願いします。すでにアカウントを持っている方は、ご覧いただけます。

「関西情報社CHECKMATEでは、私や記者の仲間たちが予想に役立つ記事や独占情報を毎週無料で公開しているから、ぜひ、この機会に読んでみてくれよ!」

山川の主な的中実績

有馬記念(G1)

3連単4万2110円的中

◎ドウデュース(2番人気・1着)
○ジャスティンパレス
▲スルーセブンシーズ
★スターズオンアース(7番人気・2着)
△タイトルホルダー(6番人気・3着)

◎ドウデュースは武豊を背に復活する確信があった。そして重要なのは3歳GI馬のタスティエーラ(6着)やソールオリエンス(8着)を軽視していたこと。戦前から「今年は3歳牡馬が古馬のレースで例年以上に通用しておらず、またダービーの時計レベルもかなり低い」と警鐘を鳴らしていた通りの結果。これでこの配当は付きすぎだよな。

神戸新聞杯(G2)

3連単3万6190円的中

◎サトノグランツ(3番人気・1着)
○ファントムシーフ(2番人気・3着)
▲サヴォーナ(10番人気・2着)
★ハーツコンチェルト
△ロードデルレイ

印を打った上位5頭で決着したが、見てほしいのは▲サヴォーナを穴指名していたこと。春の実績馬に隠れて人気薄になっていたが、直近のレースぶりや陣営の感触から「夏を越して馬が別馬のように成長してきた。これなら菊花賞の権利は獲れる」と盛り上がっていたのはココだけの話だ。

北九州記念(G3)

3連単9万9380円的中

◎ママコチャ(1番人気2着)
○ジャスパークローネ(5番人気1着)
★ハーツコンチェルト
△ロードデルレイ
△ストーンリッジ(9番人気3着)

前走の優秀な走破時計から「◎は崩れない」との見立ては完璧だった。さらに、◎と同じぐらい重要視していたのが、○ジャスパークローネ。メンバー構成から「逃げれば残れる」という分析通りで1着。

このレースのポイントは、△ストーンリッジだった。◎と同じ馬主で「2頭出しだけど、コッチもいいよ」という話は、ファンも知らなかっただろう。

3月10日(日) 13時頃配信

山川記者の予想講座は、チェックメイトのサイト内で公開されていますので、アカウントの新規作成をお願いします。すでにアカウントを持っている方は、ご覧いただけます。